病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  近視と矯正
  レーシックの知識と準備
  レーシック手術を受ける
  レーシックの種類と費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

フラップの処理方法

普通、単なるレーシックというと、カンナのような眼球専用の医療機械を使ってフラップを作る手術のことです。これは、レーシック導入当初から行われている方法です。

費用が安いのが一番の利点だと思いますが、今では改良により機械の性能もずいぶん上がってきていて、より薄いフラップをきれいに作れるようになっています。

一方、レーザーを使ってフラップを作る方法もあります。これは眼球にも負担が少なく、個人に合わせて大きさなどより細かい設定ができます。

このレーザーでフラップ切除をする方法はイントラレーシックと呼ばれます。今はこちらの方が人気でしょう。

また、他に、フラップを取り除いてしまう手術法もあります。
この場合、一度はがしたフラップをかぶせて再生させるのではなく、フラップ部分は取り除いて矯正をし、手術後は保護用コンタクトレンズをつけて再び新たな角膜上皮が生成されるのを待ちます。

その分、快復に時間がかかり、痛みが数日続くことになったり、角膜を守るために必要なケアが少し長くなります。

そのため、少し敬遠されがちになっていますが、激しいスポーツをする選手などには、のちのちフラップがずれたりする恐れのないこちらの方が向いているのです。

この手術法はPRKやラセックと呼ばれます。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求