病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  近視と矯正
  レーシックの知識と準備
  レーシック手術を受ける
  レーシックの種類と費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

レーシック手術後の副作用

多くの人が、手術直後から視力が大幅アップできて感激します。
レーシックはそれだけ効果的な視力矯正法なのです。

ただ、どんな治療法にも副作用はつきものなように、レーシックの場合もしばらくの間、副作用的な症状が出ることがあります。

一つは、グレア、ハロと呼ばれるもので、主に夜間視力に変化が現れます。

ライトがまぶしく感じたり、ぼやけて見えるなどの症状で、車を運転する場合には危険になることがあるので気をつけなければいけません。

これは夜間、瞳孔が開いたときに生じるものなので昼間にはほとんど影響がありません。もともと目(瞳孔)が大きい人はグレア、ハロが出やすいので注意が必要といわれます。

今ではこの副作用を考慮した手術法もあるので、症状の軽減が可能になっています。

もう一つは、ドライアイの症状が出ることがあります。
手術後一時的に目が乾きやすくなります。

グレア、ハロ、ドライアイなどの症状は個人差もあり、あまり気にならない人もいれば、数ヵ月経って治った、もしくは気にならなくなったという人が多いので、神経質にならなければ大丈夫なものです。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求