病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  近視と矯正
  レーシックの知識と準備
  レーシック手術を受ける
  レーシックの種類と費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

今、話題のレーシック

今、話題のレーシック手術ですが、目の悪い人なら、気にならない人はいないと思います。

目はカメラようなものです。
角膜(レンズ)から入った映像が、水晶体(オートフォーカス)を通して目の奥の網膜(フィルム)にきちんとピントが合うと、きれいに像がうつってみえます。

それが、普段近くのものばかりを見る生活をしていたりすると、水晶体の働きが固まってしまい、ピント調節機能が悪くなってきます。他にも成長による眼球の大きさの変化なども影響し、本来網膜上にあるべきの焦点が手前にずれくると近視の状態になります。

矯正は、眼鏡やコンタクトレンズを目の前に置くことで、目に入る光の屈折度を変えて焦点が網膜に合うようにします。

ところが、レーシック手術は、角膜に直接レーザーあててその厚さを削ることで、屈折度を変化させるのです。

レーシック手術は、眼鏡やコンタクトレンズと違って、手術後、矯正器具を使う必要が一切ない矯正法です。

すなわち、視力低下する前の生活に戻れるので、視力そのものの改善に加えて日常生活の負担軽減にも大いに役立つのです。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求