病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  近視と矯正
  レーシックの知識と準備
  レーシック手術を受ける
  レーシックの種類と費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

レーシックの安全性

レーシックの手術は、日本では2000年ごろから行われるようになりました。

アメリカではもっと早くから盛んで、毎年100万人以上が受けています。

日本では、多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックを受けていることからブームが広がりました。

今では手術を受ける人が年間40万人ほどといわれるので、すでに人口比ではアメリカとかわらないくらいの勢いで浸透していることになります。

失明の心配などをする人もいますが、これまででレーシック手術によって失明した人は一人もいません。

レーザーといえども、眼球にメスを入れるというイメージからしり込みしてしまいがちですが、角膜のみに処置を施す20分程度の手術なので、そもそもこの手術が失明にまでつながってしまう可能性は考えにくいのです。

術後しばらくは定期検査を受けることを条件に手術がされますし(術後検査に通えないと判断されれば手術は受けられません)また、矯正結果に何らかの不満があった場合は、保証期間内に1回なら無料で再手術が受けられるようになっています。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求