病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  近視と矯正
  レーシックの知識と準備
  レーシック手術を受ける
  レーシックの種類と費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

眼鏡のメリットとデメリット

視力を矯正するにはいくつか方法があります。

主な矯正法は、もちろん眼鏡とコンタクトレンズ。

一番簡単なのは眼鏡ですね。

最近は眼鏡をかけた小学生も多いですし、中学生になると授業中だけでもと、どんどん眼鏡をかける生徒が増えてきます。

私の場合も小学6年生の終わりから視力の変化を感じ始め、中学に入るとまもなく眼鏡を作って着用するようになりました。

コンタクトレンズと違って直接眼球に触れることがないので、目の健康を損なう心配はありませんが、やはり、思春期の子供にとっては見た目に変わってしまうことに抵抗があったことを覚えています。(眼鏡をしてみたいという興味も少しはあったのですが)

何より、裸眼視力が0、1以下に落ちてしまうと、眼鏡なしの生活は出来なくなり、朝起きた時、顔を洗った後、お風呂から出てきた時、いつも眼鏡を手探りで探すような毎日になります。

また、落としてしまうと、見えないために踏んづけて壊してしまったり・・・。

予備も必要だし、数年ごとに視力チェックして適正な矯正をしなおさなくてはいけません。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求