病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  近視と矯正
  レーシックの知識と準備
  レーシック手術を受ける
  レーシックの種類と費用
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

コンタクトレンズのメリットとデメリット

コンタクトレンズは眼鏡とは違って見た目を変えることなく視力UPできることもあり、今では確固たる地位を得ている視力矯正法です。特に使い捨てレンズが定着してからは主役になってきたとも言えるでしょう。

矯正だけでなく、カラーコンタクトでファッションを楽しむ人も多いですね。

コンタクトレンズは、以前は、医師から直接指導を受けて慎重に購入するものでした。

しかし、現在では販売ルートも多様で手軽に入手できます。

そのため、いい加減な扱いで使う人も増えてしまい、使用事故が激増しているという問題があります。

角膜に傷がつくなどは日常茶飯事で、ひどくなって角膜潰瘍などを起こすケースが多くなっているのです。

コンタクトレンズはリスクを知って丁寧に扱い、定期健診には必ず行く必要があるのですが、なかなか守られていないのが現状です。

このように、近視は矯正は簡単なのですが、眼鏡にしてもコンタクトレンズにしても、デメリットもとても大きいです。

そのため今日では、レーシックという、眼球にレーザーを当てて視力を回復させるという手術が急速に浸透してきています。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求